teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


INC. PERCUSSION DAYS

 投稿者:kuniko kato arts project  投稿日:2017年 3月 8日(水)14時32分45秒
  世界的打楽器奏者・加藤訓子による
artist incubation by kuniko kato arts project INC. PERCUSSION DAYS

inc. とは、加藤訓子が、主宰するアーティスト ・インキュベーションを目的とした
新人育成プログラムです。インキュベーターとして、またアーティスティック・ディレクターとして、
加藤訓子は、これまで国際的に培ったプロの演奏家としての経験とスキルを活かし、
ハンズオンで若手演奏家の将来につながる機会と場を一緒に創造してゆきます。

2017 3月31日 DAY1 くにたち市民芸術小ホール 13:00-
<シアターピースに挑戦>
出参加者によるガラパフォーマンス!/プレイアデス 立体映像トライアウト
各会1000円 1DAY PASS=3DAY PASS 5000円 年間パス10000円
くにたち市民芸術小ホール042-574-1515

4月1日
artist incubation by kuniko kato arts project INC. PERCUSSION DAYS 2017 DAY2
くにたち市民芸術小ホール 13:00-
<若手パフォーマーによるリサイタル・デイ>
出/金子泰士perc.・上床直人mar.・ 小野周二perc.・門間大樹mar.(共/田中やよいpf.)
富田真以子perc.(共/渡 川いくみdance)
各会1000円 1DAY PASS=3DAY PASS 5000円 年間パス10000円
くにたち市民芸術小ホール042-574-1515

4月2日
artist incubation by kuniko kato arts project INC. PERCUSSION DAYS 2017 DAY3
くにたち市民芸術小ホール 13:00-
出/参加者によるエントランス・フリースタイル・パフォーマンス/inc.special
勉強会「能のすり足を体験する会」
講師:中所宣夫(能楽師 観世流仕手方) 各会1000円
1DAY PASS=3DAY PASS 5000円 年間パス10000円
くにたち市民芸術小ホール042-574-1515

4月2日 「加藤訓子打楽器演奏会」(元演出/宮城聰)
Inc.percussion days 2017 day3
くにたち市民芸術小ホール 18:00-
曲/ウッド:ロゴサンティ、クセナキス:ルボン、
シュワントナー:ヴェロシティー ズ他
出/加藤訓子 賛助出/金子泰士・滝本恭士
5000円(inc. 3DAY PASS共通)くにたち市民芸術小ホール042-574-1515
http://www.kuniko-kato.net/ inc@kuniko-kato.net
ぜひご来場ください。

http://www.kuniko-kato.net/

 
 

ARIMENIAN SONGS

 投稿者:kuniko kato arts project  投稿日:2016年11月15日(火)08時41分29秒
  ARMENIAN SONGS アルメニアン・ソングズ

Kuniko Kato mar. 加藤訓子(マリンバ)
Movses Pogossian vn. モブセス・ポゴシアン(ヴァイオリン)
Tony Arnold sop.  トニー・アーノルド(ソプラノ)

パーカッショニスト加藤訓子と世界のトップソリスト2人による「アルメニアン・ソングズ」日本初演!
美しいアルメニア音楽の歴史を辿りつつ、私たちが生きる現代の音楽シーンへ。


2017年1月19日(木)神奈川県民ホール 小ホール
開場 18:30  開演 19:00
ticket  一般5000円 学生以下3000円
予約 ちけっとかながわ 0570-015-415 (10:00-18:00)
   http://www.kanagawa-arts or.jp/tc/
窓口 神奈川県民ホール・KAAT 神奈川芸術劇場・神奈川県立音楽堂

主催:kuniko kato arts project   共催:神奈川県民ホール
後援:アルメニア共和国大使館

<関連企画>
inc.special勉強会「バッハを弾く会」vol.2
ヴァイオリニスト モブセス・ポゴシアンを迎えて
Thu 01/19 神奈川県民ホール (15:00-17:30)
加藤訓子が主宰する若手育成プロジェクトinc. - artist incubation
ヴァイオリン、マリンバ、琴、様々な楽器・視点からバッハを弾き合う会です。
*当日夜の演奏会チケットをご予約、お持ちの方、inc.年間パスをお持ちの方は見学可。
*演奏者として参加ご希望の演奏家はinc@kuniko-kato.netまでお問い合わせください。


2017年1月20 日(金)穂の国とよはし芸術劇場主ホール
開場 18:30 開演 19:00
ticket  一般5000円 学生以下3000円
予約 プラットチケットセンター 0532-39-3090 (10:00-19:00)

総合窓口 ticket@kuniko-kato.net (080-5075-5038)
     www.kuniko-kato.net
カンフェティ http://www.confetti-web.com  (0120-240-540)

主催:kuniko kato arts project
後援:アルメニア共和国大使館・豊橋市・豊橋市教育委員会・豊橋文化振興財団・豊橋美術博物館友の会・中日新聞社・朝日新聞社・東日新聞社・東愛知新聞社・エフエム豊橋・豊橋ケーブルネットワーク株式会社【ティーズ】



プログラム

J.S.Bach-Gounod     Ave Maria
バッハ-グノー アヴェ・マリア
R.Berio     Sequenza lll
ベリオ ゼクエンツア
J.S.Bach     Chaconne
バッハ シャコンヌ
Komitas     Armenian songs
コミタス アルメニアン・ソングス
Gabriela Lena Frank     Seven Armenian Songs(2013)
ガブリエア・レナ・フランク 7つのアルメニアンソング
etc.


http://www.kuniko-kato.net

 

「inc. Ⅶ percussion meets dance!」 MIZUE OKA

 投稿者:kuniko kato arts project  投稿日:2016年10月21日(金)09時44分49秒
 




世界的打楽器奏者・加藤訓子による、プロフェッショナルな演奏家を目指すアーティストの卵たちのパフォーマンスを支援するプロジェクト artist incubation。 

第7弾となるinc Ⅶは、パーカッショニスト岡 瑞恵の、ダンスとのコラボレーションプログラム。
音と体で表現する、若手のダイナミックなパフォーマンスにご期待下さい!

1/29(日)13:30 開場 14:00 開演
1/29(日)17:30 開場 18:00 開演
1/30(月)18:30 開場 19:00 開演

ticket 2000yen(全席自由)
会場 アネックス仙川ファクトリー 京王線「仙川駅」から徒歩7分

program : 高橋悠治 「朝のまがりかどまがれ」
player : percussion : 岡 瑞恵
dance : 高宮 梢・杉山佳乃子
主催:Annex Sengawa Factory & kuniko kato arts project
ダンス監修:加藤みや子
音楽監修:加藤訓子
制作協力:畦地真奈加

岡 瑞恵(おかみずえ)
埼玉県立芸術総合高校音楽科卒業、桐朋学園大学音楽学部演奏学科打楽器専攻卒業。在学中、ラフォルジュルネやフェスティバル、オーケストラの演奏会等に多数出演。打楽器アンサンブルグループ打BLITZ!、マリンバ&パーカッションDuo Cosmo’sメンバー。 これまでに打楽器を塚田吉幸、加藤訓子、マリンバを安江佐和子、藤井里佳の各氏に、ジャンベを山本愛香に師事。

アネックス仙川ファクトリー  京王線「仙川駅」から徒歩7分 http://www.as-factory.jp/
artist incubation http://www.kuniko-kato.net/ja/project/mizue-oka/kuniko

kato arts project info@kuniko-kato.net
お問い合わせ zui07.kay@gmail.com (岡)

http://www.kuniko-kato.net/ja/project/mizue-oka/

 

世紀のクセナキスプロジェクト!

 投稿者:kuniko kato arts project  投稿日:2016年 8月14日(日)12時35分17秒
  PROJECT IX PLEAIDES


「プレイアデス」それは、20世紀の偉大なる作曲家ヤニス・クセナキスが6人の打楽器奏者のために残した傑作である。クセナキスは作曲家である以前に、数学者でもあり建築家でもあり、その緻密に計算し尽くされた作品は、不可能の域を超えて 難題をいくつも投げかける。しかし、生身の人間の演奏という行為に委ねられ、それに挑み、その限界を超えた時、彼の音楽は、宇宙空間へと広がり、星になる。

加藤訓子の意欲的なチャレンジは、4楽章各6パート、計24パート全曲を自身で演奏することであり、音色、楽器、リズム、空間、6人では正確に合わせることすら困難な作品をオリジナルの楽譜に限りなく忠実に再現した。そこには発表前から既に世界で話題騒然となるほどの高い完成度が存在し、これまでに類を見ない新たな「プレイアデス」の新たなリファレンスとして成立している。SEXTET 6人の加藤訓子が等身大で巨大スクリーンに映し出され、192k ・24bitオーディオで出力されるスタジオマスターのハイレゾ音源は、圧倒的な情報量であたかもそこに6人の奏者がライブ演奏して いるかの如く臨場感溢れる音場を創り出す。
音楽と映像のインスタレーション、ライブパフォーマンス、そして各界のゲストを迎えてのアフタートーク。会場の皆様と語り合い、体験し、感じ合う凝縮された貴重な時空間。

英国スコットランドの高音質で知られる世界的レーベル「LINN」からCDを出す唯一の日本人アーティストである加藤訓子が、昨年4月に グローバルリリースした話題の第三弾アルバムIX (アイ・エックス)のライブ版公演。IXは、日本レコードアカデミー賞でダブルノミネートされ、クセナキスの正式アーカイブ作品として仏CIX (Center Iannis Xenakis) へ収蔵される。英グラモフォン誌等世界の有力各紙より高い評価を受ける。
加藤訓子は、比類なき芸術作品を世界へ向けて発信します。

[photo img ? clavier]

10.29 [土] & 30 [日] 17:00 開演(16:30開場)
【チケット】全席自由 一般5,000円 メンバーズ4,500円
【チケット取扱い】
メール予約
ticket@kuniko-kato.net または Tel. 080.5075.5038

SAFチケットセンター
Tel. 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)

窓口
彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:00~19:00)

【お問い合わせ先】
kuniko kato arts project Tel. 080-5075-5038 Email. info@kuniko-kato.net

http://www.kuniko-kato.net

 

鈴木 彩(打楽器)×長井江里奈(ダンス)「待ち合わせは月の裏側」

 投稿者:Scale Laboratory  投稿日:2016年 8月 4日(木)00時00分21秒
  8月のScale Laboratory は8月18日(木)!
世界で活躍されているお二人
パーカッショニストの『鈴木彩』と
ダンサー、演出家の『長井江里奈』のライブパフォーマンスです。
会場は 沼津ラクーン『8F』
皆様に驚いていただける、素敵で不思議な場所をご用意することが出来ました。
【チケット】
  ● 大人   2,500円
  ● 高校生以下 1,000円
  ● 親子セット 3,500円(大人1人+子供2人)
( ワンドリンク付き)
☆ おうちでソムリエさんによるこだわりの自然派ワインか
フルーツジュースをお選び頂けます。

開場は開演1時間前(18時)

とても気温が上がると思います。
涼しくなれる格好でお越し下さい。

*ラクーン 8Fヘのアクセスがわかりにくくなっております。
1階 エレベーター前に案内係をもうけます。係のものにあがり方お尋ねください。

*車でお越しの方へ
近隣駐車場をご使用になっても、ラクーン使用割引はございません。あらかじめご了承ください。

https://www.facebook.com/events/1061923847238739/

 

Sound Exhibition -音の展示・水の旋律-

 投稿者:kuniko kato arts project  投稿日:2016年 5月14日(土)22時22分29秒
  2016.5.27(金)/5.28(土)/5.29(日)

横浜市民ギャラリー展示室B1

10:00 ? 18:00 (最終入場17:30) 入場無料

サウンドインスタレーション 10:00 ? 18:00

ライブパフォーマンス  5/28(土) ? 5/29(日) 11:00・14:00・16:30

[サウンドアドヴァイザー] 野川 和夫
[展示アドヴァイザー] 三ツ山 一志(横浜市民ギャラリー主席エデュケーター)
[アーティスティック・ディレクター] 加藤 訓子(パーカッショニスト)

横浜市民ギャラリー初の試みである、サウンドエキシビション「音の展示-水の旋律」。
「水」をテーマにした安らぎを、「音」により創り出すこの展覧会は、2つの空間展示(インスタレーション)で構成しています。
ひとつは「水の音」をパーカッションとコラージュし、マルチチャンネルスピーカーによって展示する「サウンドインスタレーション」。そして、もうひとつは、さまざまな打楽器の展示と、それらをライブで演奏し、水の旋律を表現する「ライブパフォーマンス」。
インスタレーション&ライブパフォーマンスは、マリンバ&パーカッションの野川菜つみ(のがわなつみ)。野川は、水の音のフィールドレコーディング、楽器の収集も自らが行い、この展覧会に臨みます。 展覧会のアーティスティック・ディレクションは、パーカッショニストの加藤訓子が監修します。

http://www.kuniko-kato.net

 

artist incubation produced by kuniko kato arts project

 投稿者:kuniko kato arts project  投稿日:2016年 3月18日(金)23時47分51秒
  kuniko kato arts project presents
artist incubation

世界的打楽器奏者・加藤訓子監修による、
プロフェッショナルな演奏家を目指すアーティストの卵たちのパフォーマンスを支援するプロジェクト、artist incubation。
今回は、神奈川県立相模湖交流センターギャラリーホールにて、3日間に渡りオープニングイベントを行います。

2016.
5.6 fri.
13:00   参加者によるガラパフォーマンス
17:00   kuniko plays reich(ホール)
18:30   オープニングレセプション

5.7 sat.
13:30   inc.Ⅰ.正富明日香 マリンバリサイタル
15:00   バッハを弾く会 参加者+加藤訓子
18:30   レセプション

5.8 sun.
13:30   inc.Ⅱ.鈴木 彩 マリンバリサイタル
15:30   inc.Ⅲ.現代の箏 木村麻耶
17:30   inc.Ⅳ.篠崎陽子 マリンバリサイタル
19:00   クロージングレセプション

各イベント 入場料 1.000yen
??5/6の「kuniko plays reich」の公演チケットをお求めいただくと、この3日間のどのイベントもご覧いただけます。

お申し込み・お問い合わせ

・kuniko kato arts project
www.kuniko-kato.net
http://www.kuniko-kato.net/ja/project/inc-events-app/
ticket@kuniko-kato.net

・神奈川県立相模湖交流センター
〒252-0171 神奈川県相模原市緑区与瀬259-1
tel  042-682-6121
http://www.sagamiko-kouryu.jp/

http://www.kuniko-kato.net

 

kuniko plays reich

 投稿者:kuniko kato arts project  投稿日:2016年 3月18日(金)23時46分39秒
  「kuniko plays reich」
演奏:加藤訓子
inc.オープニングコンサート

2016年5月6日(金)
open   17:00~
place   神奈川県立相模湖交流センター
ticket   5000円
(このチケットで、5/6~8に行われる全てのinc.イベントをご覧いただけます)

「kuniko  plays reich」は、加藤訓子がスティーブ・ライヒのカウンターポイント全4曲を、打楽器&テープという形にオフィシャルにアレンジしたものです。
1曲ごとへのチャレンジ、楽器構成、多重録音、そして作曲家スティーブ・ライヒとの長いワークの末に得たアプルーヴァルを経て、世界中で演奏し続けています。
そんな話を交えながら、今年ライヒ80歳を記念して、このINCUBATEを通じて、改めてみなさまへご紹介いたします。
(英リンレコーズによるBEST of 2011 (KUNIKO PLAYS REICH)ライブ版)

お申し込み・お問い合わせ

・kuniko kato arts project
www.kuniko-kato.net
ticket@kuniko-kato.net

・神奈川県立相模湖交流センター
〒252-0171 神奈川県相模原市緑区与瀬259-1
tel  042-682-6121
http://www.sagamiko-kouryu.jp/

http://www.kuniko-kato.net

 

第21回うしく現代美術展開催中

 投稿者:うしく現代美術展実行委員会広報  投稿日:2015年12月 4日(金)10時52分7秒
  昨年の20回展という節目を経て、今年は新たな気持ちで表現と向き合い、
「アートの力」を信じて、一歩を踏み出して行く第21回うしく現代美術展。
51名の作家による平面、立体、クラフト、映像など作品の数々。
ぜひご覧下さい。
開催日時:2015年11月22日(日)~12月6日(日)
午前10時~午後16時30分(最終日は15時まで)
会場:牛久市中央生涯学習センター(JR常磐線 牛久駅東口)
入場無料
主催:現代美術展実行委員会
うしく現代美術展ホームページ http://ushiku-genbi.org/

担当部課:教育委員会文化芸術課 TEL029-8731-2301
http://www.city.ushiku.lg.jp/page/page005123.html

http://ushiku-genbi.org/

 

“くらし彩発見” ライムアート技法を初公開

 投稿者:浪崎文彰  投稿日:2015年11月 9日(月)07時51分59秒
  建築家集団 若 建 が主催する展示会 “くらし彩発見” をご案内させていただきます。

建築家集団 若 建 は、私が所属している建築家・工芸家のグループです。
このたび、くらしの豊かさを再発見するというコンセプトで、展覧会「くらし彩発見」を開催することになりました。
 ライムアート(技法を初公開)、ポケットガーデンなどを出品します。

“ライムアート”とは石灰(ライム)を使用し、独自に考案した型押し技法で、金コテを使って描く新しいアートです。 絵画の世界では油彩、水彩、水墨、フレスコに代表されるアートの中で“ライムアート”はアートの歴史のなかでも今までにない新しいジャンルです。

< 作家略歴 >
浪崎文彰 1951年生まれ 世田谷区在住 一級建築士
建築デザイナー・新生美術会会員・建築家集団 若建会員

建築設計のテーマは“ 自然との共生”一貫して自然素材の豊かな表現方法を研究し、独自の空間デザインの中に展開してきました. そして2003年石灰(ライム)を染色し,自ら考案した型押し左官技法による新しいアート“ライムアート”を開発しました。

< ライムアート  受賞暦 >
新美展(新生美術会)新人賞、内閣総理大臣賞 、文部科学大臣賞
日本の絵画(永井画廊)入賞、家庭画報大賞ウエッジウッド賞  他多数。

< くらし彩発見 >
     開催日   20015年11月14日(土)から11月19日(木)まで
     開催時間  10:00~18:30  ( 最終日は16:00まで)
       (初日17:00よりオープニングパーティー開催)
     会 場 オリエアートギャラリー  http://www.orie.co.jp/gallery/

     住 所     東京都港区北青山2-9-16・1F
     (地下鉄銀座線 外苑前 徒歩3分)

http://wakakenn.exblog.jp/

 

レンタル掲示板
/16